電線の鳥よけ 東京電力とNTTに費用を覚悟でお願いした話。

生活

我が家の駐車場の真上には
東京電力とNTTの電線があって、
そこによく多くの鳥が止まっています。
そのせいかかなりの糞害に見舞われ・・・。

鳥の糞で汚れた車

鳥の糞で汚れた車

車もブラックカラーなので鳥のフンが
目立つのなんの・・・。
こうなったら鳥よけを設置するしかない、
じゃあどうしようか?と四苦八苦し、
何とか解決まで行けたのが今回のお話。

 

スポンサーリンク

東京電力に電線の鳥よけをお願いする

東京電力とNTTの電線

東京電力とNTTの電線

電線には2種類ありまして。
大体の場合は片方が電力会社
もう片方が電話会社のものです。
ウチの電力管轄は東京電力なので
早速東京電力に電話しました。

 

「鳥の糞がヒドイので、電線に鳥よけを設置してもらいたい」
東電「ネットに専用の窓口があるのでそちらでお願いします。
   それでも分からなかったら再度お電話ください」

 

東京電力は糞害の相談は電話じゃなくてネット受付のようです。
ネットでも分からない場合は電話で受け付けてるようですが、
なら今の電話で受け付けてくれても良いのでは・・・。
と思いましたが、おそらくネット環境ない人や高齢者の為の
窓口なのかと思われます。

言われてさっそく、
東京電力HPで専用の窓口を探してみましたが、
これが見つからないのなんの。
30分ぐらい探してみましたがまったく見つからない。
いい加減イヤになって東京電力のチャットで聞いてみました。
そうして案内されたところはコチラ

 

東京電力のWEB受付サービス

東京電力のWEB受付サービス

 

ググっても東京電力のHPを探しても全然見つからないところにありました。
設備改修のところなのね・・・分からなかったよ・・・。
画像の お申し込みはこちら という所から進んで鳥よけ電線工事を依頼。
無事に依頼を終えると30分ぐらい時間を置いて
東京電力から電話が掛かってきました。

 

東京電力「鳥よけ工事の前に現場見たいので、現場下見の日取り決めさせてください」
「分かりました、早くていつですか?」
東京電力「協力会社に頼むので、日程調整はそちらから電話させます」

 

というわけで、
再び電話待ち。
今度は2時間ぐらいでしょうか、
知らない番号から着信。

 

工事業者「東京電力に頼まれました、日取り決めましょう」
「お願いします。最短でいつですか?」
工事業者「早ければ明日の13時ですが・・・」
「分かりました、その時間でお願いします」

 

申し込みさえ出来ればサクサクと進んでいきます。
ウチは翌日もたまたま空いていたのでお願いし、
翌日になるとそのまま工事業者と現場の下見。

 

で、下見で何をしたかと言うと、
特に何もしません
キッチリ家の敷地分だけ電線に鳥よけを設置します、
範囲はここからここまで、これでよろしいですか?
という事だけでした。
工事業者の予定により1ヶ月先に工事に着手します、との事で。
1ヶ月先でもやってくれるならいいか、と思って快諾。

 

ちなみに、ウチの両方隣の家も鳥の糞害ヒドイんですが、
そこはそこで申し込んでねって事らしい。
へ~そういうもんなんだぁ~と驚きました。

 

NTTに電線の鳥よけをお願いする

次はNTTに鳥よけの電話。
こちらも事前に調べてみたけど、
どこに連絡すればいいのか分かりません。
なのでフリーダイヤルのお客様相談センターに
電話しました。

 

「電線の鳥よけをお願いしたいです」
NTT「その件はこちらではないので、担当部署に繋ぎますね」

 

NTTは東京電力と違い電話で全て解決しました。
担当部署に電話が回ったあとは、
現在の状況や契約状況、それらを話して、

 

NTT「近日中に工事致します」

 

と、なり。
あっさりとした終わりでした。
東京電力と違って5分ぐらいで終わった印象。
同じ鳥よけ工事でもここまで違いがあるものなんですね。

 

 

気になる費用は?

鳥よけと言っても工事は工事。
費用が掛かったらイヤだなぁ~と思ってました。
ですが、良い裏切られをしました。

 

無料です。

東京電力もNTTも鳥よけ工事は無料。

 

噂では聞いていたけど、電話でしっかりと費用は無料だと確認しました!
無料なら財布が傷まないのでヨシ!

 

鳥よけ工事は立ち会わなくてもいい

コチラが依頼した鳥よけ工事なので、
立ち会いが必要かと思ったらそうでもなく。
東京電力もNTTも、
いつの間にか来ていつの間にか鳥よけを設置するようです。
敷地内に車などがあって邪魔な場合は居ないとダメですが、
特別な事情がない限りは大丈夫だそうです。
鳥よけ工事を依頼した以降は何もすることがないようなので安心。

 

 

気になるなら立ち会ってもいい

ウチはたまたまタイミングが合って、
東京電力の工事には立ち会いました。
立ち会ったと言っても、工事業者さんがやってきて

 

工事業者「これから作業開始します」

 

と一言あるだけで、こちらとしては何もすることはありませんでした。
おそらくですが、留守時であればそのままやってくれるのだと思います。
工事場所が自宅駐車場の真ん前なので、
出かけたりしませんか?など聞かれますが、
他に大したやり取りがあるわけではありませんでした。

 

鳥よけ電線工事の車両

鳥よけ電線工事の車両

 

工事車両です。
はしご車が2台でやってきて工事をしていただきました。
住宅街だとちょっとした交通止めになるので大変そう。

 

電線工事の様子

電線工事の様子

 

東京電力の電線は画像上部の上半分ですね。
はしご車で少しずつ移動しながら鳥よけのワイヤーを設置してます。
全体の作業時間としては30分も掛からないぐらいで工事完了。
作業終わりに現場確認と終了報告書のようなものを頂いて終わりました。
意外に早くて驚いたぐらいです。

ちなみにNTTの方はいつの間にか来ていて、
知らない内に電線に鳥よけが設置されていました
いつ来たんだろう・・・と思うぐらい早い段階で付いてました。

 

鳥よけの効果は・・・

設置してもらってから一週間ほど経ちました。
糞害の効果がどれほどか気になるところだと思いますが・・・

 

多分、減ったかな?

 

というぐらい。
自宅近くの電線全てに鳥よけが設置されているわけではないので、
設置されていない電線に止まってる鳥が糞をする姿も見ます。
しかし、以前ほどの鳥の数は確認出来ていないので、
直接、車や敷地に糞を落とされる確率は大分減りました。
代わりに屋根やテレビアンテナに鳥が止まってる姿はよく目にするようになりましたが・・・。

ちなみに。
今回施工してもらった鳥よけは割とスタンダードな配置の鳥よけらしく。
東京電力・NTT両社とも

 

「まだ糞害が続くようなら再度連絡してください、対策します」

 

とのアナウンスをいただいているので、
状況悪化、もしくは改善が見られないようなら
再び両社に連絡すれば追加対策をしてくれるようです。
我が家ではしばらく様子見ですね。
このまま何事もなく糞の被害が終われば良いのですが・・・。

コメント

  1. NAOKO ITO より:

    わかりやすかったです。大変参考になりました。ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました